スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログランキング   妄想乙女部*企画室
Posted by スポンサードリンク | - -

女といういきもの





待ちに待った臨死!!江古田ちゃん 4 がいよいよ、今週21日に発売です!

わーいわーい!!

でも手元に貸し出し中の前3巻がありません。
そろそろ戻ってきてもいいんだよ???(笑)

江古田ちゃんはわたしの中での「女の現実」が怖いくらい忠実に再現されている。その為、浮かれて少女マンガモードにスイッチされた頭を冷やすためには必要なんですよ。タイミングよく新刊が出るとはありがたいことで・・・。



ところで、すっかり映画漬けの日々で(まだ書いてない分もいっぱい・・・)、ここ一ヶ月本を読んでいないんです!!

唯一読んだのが、以前にめたさんにコメントでおススメされた対岸の彼女 (角田 光代)です。

続きはいつもどおり追記で〜。



ブログランキング







ブログランキング   妄想乙女部*企画室
続きを読む
Posted by maico-anuenue | comments(2) trackbacks(0)

ネガポジ





そういえば、2009年、新年の抱負として「雑読」を掲げていたのでした。
まだ2回目だけど、月イチで読了本の記録をしていこうかと思います。

6月10日以降、読了した本。

イン・ザ・プール 奥田 英朗

空中ブランコ 奥田 英朗

肩ごしの恋人 唯川 恵

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 誉田 哲也

ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 誉田 哲也

ジウ〈3〉新世界秩序 誉田 哲也


順序としてはストロベリーナイトがあまりにもグロすぎてあれだったので、どーしても軽いのが読みたくなって、本をそれまであまり読まないと言っていた6つ歳下の弟のようなお友達がはまっていた、精神科医伊良部のシリーズを入れてみた。

これ、面白かったよ。

以下、追記へ。




ブログランキング




ブログランキング   妄想乙女部*企画室
続きを読む
Posted by maico-anuenue | comments(6) trackbacks(0)

結局ナイーブとは疎遠かもしれない。





ここ一ヶ月の間に読了した小説。

人のセックスを笑うな 山崎ナオコーラ

プラナリア 山本文緒

いつかあなたを忘れる日まで 唯川恵

愛なんか 唯川恵

恋人たちの誤算 唯川恵

四つの嘘 大石静

あと写ってないけど、
不信のとき 有吉佐和子

ストロベリーナイト 誉田 哲也



ブックオフの100円コーナーでまとめ買いするので、時期外れのものばかりですwww
そして唯川恵作品が多いのは、気のせいではないwww

読書感想文、長すぎるので続きは追記に。

こちらはブログランキング。
↓ ↓ ↓


ブログランキング





ブログランキング   妄想乙女部*企画室
続きを読む
Posted by maico-anuenue | comments(2) trackbacks(0)

ウォールペーパー






更新が途絶えていたのは、ここのところ転居をしていたからであります。

といっても、とりあえず都内から都内、一人暮らし宅から実家へ、出戻り。

といっても、家財道具はまた別の遠い場所へ送ってしまったので、実家へ置いてしばらく暮らす分の荷物が残り、3日がかりでえんやこらと運び出したのです。疲労困憊。ぐったり。でもようやくひと段落着いた・・・。

そして使っていた部屋の清掃をしていたのですが、、、

実は隠し切れぬ壁の大きなシミがありまして。なんとかあれこれ手を尽くして見た目薄くなるようにしてみたものの、徒労だね、はっきりゆって!

これがまた汚れやすい白地にぼんやり色の入った紙の壁紙で。普通に生活しててもけっこうな汚れがいつの間にか着いたもんだが、そんなのまで過失を問われても、知りませんよ、そんなの!とホントは言いたいんだけど。

床材も同様。ちょっと硬いものが当たるようなこと(例えば衣服のチャックとか、爪きり踏んづけたとか、)があれば、すぐに傷のようになってしまう感じだったのよね。それって敷金のガイドライン的にどうなの?と、掃除しながらも多少イライラしました。

まぁいかんせん初めてのことだったので、今後の部屋選びの参考にしたいですね。それと入居時にそういうライン決めるのって大事ですね。はい、わかりました。

にしても、壁紙なんてどうせ張り替えなきゃいけないモンなんだったら、はじめから好き放題させてくれればいいのになー。

わたしはいつかすみれ色やミントグリーンのペンキを塗った部屋に住みたいという夢があるのです。それでなくば、かわいい壁紙にも興味がある。



ワンダフル・ウォールペーパー



そんな本。

コレクターが出現するほど奥の深いアメリカン・ウォールペーパーの世界。本書で紹介する過去100年間にわたるヴィンテージ壁紙のコレクションはその多くがスメソニアン博物館所蔵品です。

だそうです。その博物館、すっごい楽しそうだ!!




ブログランキング









ブログランキング   妄想乙女部*企画室
Posted by maico-anuenue | comments(2) trackbacks(0)

恋せども、愛せども





タイミングが良かったのか悪かったのか、5時間ノンストップで読了。

なにしろ、その日は彼ととてつもない大喧嘩をした。

家にいるのも出来ないほど憤りを感じたので、24時間コーヒーの飲める店に入り、この本を開いてみた。

考えの定まらない頭に、無理やりに文字を詰め込むと、次第に別の世界がそこに広がり、馬鹿げたことに囚われる自分はどこか遠いところからそれを眺めることになる。

始めは賑わっていた店内も、ページが半分へ来る頃には、一人二人と減り、ついには仲間かと思えた最後の一人さえ席を立ち、わたしはその世界の中でほんとうの一人になった。

すらすらと読めるはずのこの手の本で、5時間もかかってしまったのは、読む中で様々な思いが去来したせいもあるが、この本の中の情景があまりにも鮮やかに広がりやすかったからだとも思う。

わたしはしばしば本の中の世界のその映像までを隅々まで堪能してしまう癖があるので、物語によってはこのように時間がかかるのだ。

2007年、長谷川京子、京野ことみの両名が娘役でドラマ化されたとのことだが、おそらくこれを見てもそれほどの違和感は無いのだろうな、と思える。





文中、「男の面子と女の意地。わかりやすくてとてつもなく面倒なものだ。」という言葉が出てくるのが、あまりにもその時のわたしに当てはまり、言い聞かされるようで、すこしほぐされた。

幸せというのは、決して人と比べるようなものではないし、
不幸もまた、人と比べられるようなものではないと、改めて感じ、教えられるような気がした。

心中を察する、ってよくみんな簡単に口にするけど、それほど簡単なものではないと思う。





ブログランキング







ブログランキング   妄想乙女部*企画室
Posted by maico-anuenue | comments(0) trackbacks(0)

これを読書というべきか



お酒の合間合間で、溶けた脳みそを元に戻すべく、読書にもいそしんでいたこの頃。

まずは去年話題となっていたNHK大河ドラマ「篤姫」の原作。

  

宮尾登美子さんの「天璋院篤姫」です。

ドラマ二話くらいしか見てないんです。でもすごい話題になっていたし、キャストも豪華で気になっていて、小説から入ろうと思ったのですが、出だしが中々入り込めなくて、篤姫が江戸に渡るというところになってからようやく読む速度がのってきました…。これはまだまだこれからです。

そして大晦日にドラマの再放送をしていた、「のだめカンタービレ」

    

途中まで読んでたんだけど、これもドラマは全く見ておらず・・・。いきなりパリ!?でラブシーン!?いつどうしてそうなったの!?!?と気になりすぎて・・・・・。

正月早々、、、、、



ドーーーーーーンと。。。




読破させていただきました。

いやーたぶんみんなそうなんだろうケド、本当にこれ読んでるとクラシックが聴きたくなる!というか音楽がわからないから、説明されている情景とかがいまいち捉えきることが出来ず、悲しい!ワイン漫画読んでて、飲んで確かめたい!と思うのと同じなんですが、これほどクラシック聴きたーい!と思ったり、なんでわたし音楽やってないんだろうとかそもそも論にふけったり(←バカ)したことはありません。

というか大体にしてわたしってば…YAWARAや帯ギュ(帯をギュッとね!@河合克敏 )を読んでは柔道やりたくなったり、ソムリエ(@甲斐谷忍)を読んでソムリエールを目指そうかと思ってみたり、他にもコックもいいな、とか戦国時代にはまってみたり、まぁ要するに影響されやすいんですけどね。

最近あまりマンガ自体読むの減ってきたし、長編はなおさらなので、そんな夢見がちな感覚忘れていたよ。

柔道はなかなかもう出来ることじゃないけど、音楽を聴くことは出来るので、のだめに出てくる名作から入門してみようっかな〜と密かに今年の抱負。

ちなみに、座右の銘は「食わず嫌いしない」ですが、「全ては漫画が教えてくれる」というのもある。ヲタだから。

ラストは、わたしがのだめを探している間に彼氏が見つけてくれた、これ。



ゲッツ板谷の「BESTっス!」

右のサイドバーにも載せてるけど、とにかく面白いので色々な場面でおススメしているのだけど、友達に「ゲッツ板谷のね・・・」と言っても9割以上の打率で「誰それ?」と打ち返される。でもね。。。女子高生の頃に週刊SPA!を毎週欠かさず購読していたわたしにとってはメジャーなお方なんです。。。

SPA!ですら何それ?と言われることも少なくはないけれど、「だめんずウォーカー」ならほとんどの女子が知ってるし、なんならハリセンボンの箕輪はるかの彼氏だっつー放送作家は「バカはサイレンで泣く」というワンコーナーの葉書職人だったし、それもこれもSPA!発信なんだよー。別にそこまで擁護するような内容じゃないし、むしろくだらないのが面白い雑誌なんだけど、女子高生のわたしよ・・・なぜそこを求めたのかね?そんなにサブカル好きだったのか?

話が逸れてますが、とにかくゲッツ板谷のエッセイは面白いです。ものすごいくだらない四コマ漫画くらいの速度でさらりと読めて大爆笑です。なにしろものすごく落ち込んで、とめどない涙が流れてきても、アルコール流し込みながらこれを読んだら20分でけろっと涙が乾く、そのくらいパンチ力がある。

ちなみにBESTっス!にも出てきた「僧侶兼、プロレスラー兼、ブレイクダンサーのポク蔵」ですが、彼のプロレスの試合にわたし二回ほど行ってます。僧侶のお友達のお父様の僧侶に連れられて・・・。


まぁ、そんなこんなを読書というべきかわかりませんが、出だしは好調!

2009年はマンガでも小説でも読書量を増やして、失いかけた色々な夢と文章力と語彙力を培いたいと思います。

今年もこちらもよろしくです。
本日も、レッツ ツークリック☆お願いします。
↓ ↓ ↓

ブログランキング






ブログランキング   妄想乙女部*企画室
Posted by maico-anuenue | comments(0) trackbacks(0)

紙芝居、そして



ごっつええ感じの中で松っちゃんが紙芝居のおじさんをするコントがあって、それが相当ツボなのだけど(お暇な方は検索してみてください)、それを見ていたら、幼少の頃を思い出した。

わたしの小学生の頃はまだまだ昭和で、頑張って海馬を絞り上げると、色んな昭和のアイコンが思い出される。

学校の近くの駄菓子やだったり、裏門に来ていたピエロのおもちゃやカラーひよこの行商、駅のホームには缶の吸殻入れが備え付けられていたり。今は駅構内終日禁煙のうえゴミ箱も撤去されているのに、なんだか不思議。そんな中、紙芝居のおじさんの紙芝居を一回だけ見たことがある、気がする。

気がする、というのは、それが本当なのかがあまり自信がないんだよね。あとから得た情報で映像を作り出しているのかもしれないとも思う。だっていくらなんだって、わたしの子供の頃の時代ってそんなに古いのー?と自問自答。

でも、その場所も大体どの辺だったか覚えているし、しかも演目がこれまた信じられないのだけど黄金バットだったというのもイメージとしてあるので、それだけ具体的ならばやっぱり本当なのかも。

いずれにせよ、わたし、短期間での記憶力には自信はあるつもりなんだけど、削除のスピードも速くて、同級生の顔と名前も1年くらいで忘れるくらいの無礼な人間なのでね・・・。なので自信がない。

だけどほんわかぼんやりとしたイメージだとしても、紙のめくれるワクワク感、音と絵の交じり合う緊張感、そういうことを思って、なんだか心がきゅっとなった。今でも小説や漫画を読めばそういう感覚を覚えるときはあるかもしれない。こう、字を追う目で入る情報と、頭の中のイメージ、そういうのがぴったりとリンクして重なり合ったときの高揚感というのはある。でも、子供のときに感じる「おはなしの世界」というのはもっと圧倒的な存在感をもって、自分を取り囲むものだった気がしてならない。

ちょっぴりノスタルジックになって、胸が甘く痛みを感じた。

さて、そんな世界が少なからず感じられるのではと、思い出されたのが仕掛け絵本!昔からあるものだけど、数年前から流行りだし、今ではけっこうな種類が常に書店にも並んでますね。

中でも有名、かつ完成度の高い物がこちら。

プレゼント商品画像、リンクしています



Simon&Schuster サイモン&シュスター 飛び出す絵本

これは本当に手にとって見ると圧巻です。精巧すぎていったいどこがどうしてこうなるものかと、仕掛けをはがしたくなるくらいです、ってそんなことしちゃダメじゃん!



不思議の国のアリス、OZの魔法使い、シンデレラ、往年の物語が仕掛け絵本で楽しめます。

そのほか、カリフォルニアの歴史、建築が学べる絵本、クリスマスの本や、はらぺこあおむしでおなじみエリックカールなど、大人でもデザインが楽しめるようなものがたくさん!下のお店は種類がとっても豊富。(只今改装中ですが。)本当に子供から大人まで楽しめる絵本だと思います。

  

たまには脳みそフルリラックスモードで、童心に帰るというのはいかがでしょう。

二つのランキングに参加中です。
応援クリックよろしくです。
↓ ↓ ↓

ブログランキング




ブログランキング   妄想乙女部*企画室
Posted by maico-anuenue | comments(2) trackbacks(0)

乙女道



臨死!! 江古田ちゃん 1
臨死!! 江古田ちゃん 1
瀧波 ユカリ

自分自身で、乙女部のことを敢えて『妄想』と謳ってしまう要因が、この本に垣間見える気がする。
みんな大好き『ハッピーマニア』以来、主人公に本気で自分を重ねて見てしまったヨ!!

女子に幻想を抱く男子も必見ですね。
たまに猛禽ちゃんを見かけると、江古田ちゃんくらい三白眼で「けっっ!!」と言ってる自分が、後ろ斜め35度付近から除く気がします。

最近では妙齢につき、結婚会場や、妊娠報告でも、もれなくその表情が浮かびます。

なんて不憫なんでしょう、自分。

裸で生活はしていないけどね・・・。

クリックプリーズ。
↓ ↓ ↓
バナー
ブログランキング   妄想乙女部*企画室
Posted by maico-anuenue | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Recent entries
Categories
Profile
ブログランキング


Recommend
カッコカワイイ宣言! 1 (ジャンプコミックス) カッコカワイイ宣言! 1 (ジャンプコミックス)
地獄のミサワ
地獄のミサワの「女に惚れさす名言集」が好きすぎるのです。
臨死!! 江古田ちゃん 1 (アフタヌーンKC) 臨死!! 江古田ちゃん 1 (アフタヌーンKC)
瀧波 ユカリ
彼女の動向、言動の数々・・・けして見習いたくはない。でも見逃せない!
板谷バカ三代 (角川文庫) 板谷バカ三代 (角川文庫)
ゲッツ板谷,西原 理恵子
どんなに落ち込んでいても、これを読めば笑える。この愛すべきバカたちに、何気に救われています。
口コミグルメサイト[食べログ]

Kitchen&Table


















Fashion&Beauty
























Home






















Bloglist
Shops&Sites


Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Links
Others
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...