<< 現代百貨店 デパ地下は楽し | home | チョンジュチョングッチャンチッ >>

スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログランキング   妄想乙女部*企画室
Posted by スポンサードリンク | - -

新沙 カロスギルへ





狎鴎亭駅の隣駅、新沙駅から徒歩5分ほどのカロスギルは、街路樹通りの意味で、その名の通りの並木道の一本道。ここ数年でファッショナブルなショップやカフェが集まるようになり、今一番注目されているエリアだそう。うん、確かに8年前には聞いたこともなかったw

アックジョンが銀座・青山なら、カロスギルは例えるなら代官山・中目黒といった感じ。いる人も年齢層は若く、おしゃれな子、かわいい子が多い。

中でもお気に入りとなったのが「A LAND」というセレクトショップ。
公式サイトもかわいい〜。


カロスギル以外にもソウル内に明洞(ミョンドン)・江南(カンナム)・弘大(ホンデ)と、新しくCOEXにも店舗が出来ました。カンナム以外の店舗は行ったのだけど、中でもこのカロスギル店が一番広々と明るくて見やすい気がします。



ここに来れば、ソウルっこのトレンド、モードが全て分かる・・・!っていうような品揃え。とりあえずJOY RICHが激しく押されてます。右下のエスパドリーユはスペインのブランド「SCALPERS(スカルパス)」のものですが、ソウルのおしゃれっこはとにかくこぞって「TOMS(トムズ)」を履いていましたね。スリムでルーズなシルエットにぺたんこシューズというスタイルの子が多かった。そしてみんな細いから似合う。。。


インテリアのフロアも素敵です。全体的にBEAMSっぽいかな。

そして今回カロスギルへ行くのは、ひとつ明確な目的がありました。

ソウルリサーチをしているときにたまたま拝見した、yossy_krさんの「su・te・ki Seoul」というブログで見つけた額装屋さんのミラーの情報!クラシックな雰囲気のデコレーションミラーが、『ちょうど今 「もってけドロボーセール」 をしているみたいで ^^; かなりしっかりした作りのミラー各種が1つ4000ウォン(300円)、3つで1万ウォンというお値段になっていました。』と、、、これを見て、行きたーい!!と思ったわけです。

しかしこちらのブログ記事は2010年9月のもの。旅程は2011年4月の話なので、もうないかもな〜、とあまり期待せず道を進むと、、、


ありました〜!!

お値段は一つ5000Wになってましたが、それでも400円以下、、、安い!!!しっかりとしたつくりなので、けっこうヘヴィーだったのだけど、母もわたしも実際に見て案の定気に入り、じっくり吟味の末、妹氏の新居用と併せ5枚ほど購入。。。


一つはメイクスペースに飾ってありますが、いつかまた自分のインテリアが楽しめるようになったら、ディスプレイ用として使いたいです。


SALEになっていたものとは違うけれど、姿見のサイズもゴージャスで素敵・・・。
可能なら輸送したかった・・・。

※ちなみにこちらのSALE、7月時点で訪れたときは無くなっていました。2軒続きだった店舗のうち1軒が洋服屋さんに変わっていて、、、どうやらその為のもってけドロボーSALEだった模様。


歩き疲れた後は、coffee smithで一休み。2階まで全面オープンの開放的なつくりのカフェ。内装もさることながら、いる人たちもおしゃれな人が多く、テラス席で道行く人を眺め、ファッションチェックをするのも楽しかったりします。


大きな地図で見る
ブログランキング   妄想乙女部*企画室
Posted by maico-anuenue | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト



ブログランキング   妄想乙女部*企画室
Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://m-otomev.jugem.jp/trackback/487
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Recent entries
Categories
Profile
ブログランキング


Recommend
カッコカワイイ宣言! 1 (ジャンプコミックス) カッコカワイイ宣言! 1 (ジャンプコミックス)
地獄のミサワ
地獄のミサワの「女に惚れさす名言集」が好きすぎるのです。
臨死!! 江古田ちゃん 1 (アフタヌーンKC) 臨死!! 江古田ちゃん 1 (アフタヌーンKC)
瀧波 ユカリ
彼女の動向、言動の数々・・・けして見習いたくはない。でも見逃せない!
板谷バカ三代 (角川文庫) 板谷バカ三代 (角川文庫)
ゲッツ板谷,西原 理恵子
どんなに落ち込んでいても、これを読めば笑える。この愛すべきバカたちに、何気に救われています。
口コミグルメサイト[食べログ]

Kitchen&Table


















Fashion&Beauty
























Home






















Bloglist
Shops&Sites


Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Links
Others
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...